3afba511503174de8f51e2ff6ce490ef_s

海外で活躍しよう。海外勤務という選択

2016年12月20日

人々の経済活動は日々広がりを見せていて世界的に経済活動を行う企業も珍しくない時代になりました。そのため海外で活躍する日本人も増えています。転職は国内だけではなく海外に活躍の場を広げるチャンスです。

海外勤務の良いところ

海外勤務を選ぶことにはいくつかのメリットがあります。まずは価値観の広がりです。住み慣れた日本を離れて言語や文化の違う海外で働くことは新たな価値観の形成に繋がります。様々な文化に触れることによってどんな人でも受け入れて対応できるようになる柔軟性や包容力が身に付きます。語学力がある人はその能力を生かせますし、語学力を身に着けたい人は本場の語学力が身に付きます。また、働き方に関してもメリットがあります。日本に比べて海外の働き方は集団で動くより個人主義が強いため、そのような環境で働きたい人には向いています。プライベートな時間も日本と比べて多めにあるため、プライベートな時間を楽しみたい人にも海外勤務のメリットはあります。その他にも海外で勤務することで自身のキャリアアップにも繋がります。

海外で勤務するには?

海外で勤務するにはいくつか方法があります。まずは現地企業の採用試験を受けることです。現地の企業で働く場合はその他の国に転勤で行くことがないため現地スタッフとして勤務勤務することになります。そのため人によっては休暇が増えて、日本より自分のペースで生活することが出来ます。次に日本企業の現地採用の試験を受ける方法です。日本企業が海外で活動する際は支社や現地法人を持っていることが多いです。そのような企業の現地採用スタッフの採用試験を受けて、日本企業でありながら海外で働くことを選ぶことが出来ます。これら現地スタッフのは給与は現地の通貨で支払われるため採用時には現地の生活水準に見合った給与か確認する必要があります。最後は日本企業の駐在員として海外に行く方法です。駐在員なのでいずれは日本に戻れる可能性が高く、海外で働いた後日本に戻ってきたいと考えている人にはおススメです。

必要な語学力は

海外で働く場合は当然ある程度現地の言葉が話せる必要がありますが、必要なレベルは業務内容によって変わります。法人営業であればTOEIC800点以上の高いレベルが求められますし、日本人相手の接客業であれば日常会話が話せれば問題ない場合もあります。働きながら語学力を磨いていきましょう。