pixta_22392640_M

失敗しない転職活動

2017年1月27日

転職活動をしてみて転職が成功した声がたくさんある一方で、転職をして給与や待遇が下がったり転職が決まらなかったり失敗してしまう人も一部にはいます。転職活動に失敗してしまった人には必ず失敗した理由があります。彼らの失敗した理由を分析することで失敗しない転職活動を学んでいきましょう。

退職しなければよかった…

転職活動を始めるにあたって勤めていた会社を辞めてからゆっくり転職活動を始めようと考える人がいます。転職活動に集中できると考えられる人もいますが、十分な貯えが無い人はすぐに生活の不安という問題が出てきます。自分の都合で会社を辞めた場合雇用保険の失業給付金は3カ月間受け取ることが出来ません。また、国民年金と国民健康保険の支払いが入ってくるため収入がゼロになる中大きな負担になります。そのため会社を辞めるにも見通しを立ててから退職し、転職活動のために安易に退職することの無いようにしましょう。仕事をしながらでも転職活動の両立は可能で、本当に欲しい人材であれば面接時間の調整はしてもらえるので、退職しないと転職活動はできないと考えない方がお金の心配もなく不安も減ります。

こんな会社に入りたくなかった…

転職して新しい会社で仕事を始めたものの待遇や給与に不満を持ちながら働くしかない人がいます。以前の会社に不満があり転職した人のなかには転職すればより条件の良い会社に入れると考える人がいますが、ただ転職するだけでは納得の出来る条件の良い会社に転職出来るとは限りません。会社に不満がある場合はその不満と退職を決意するほどのことか考えてみましょう。それでも転職する場合は自分が第一に考える希望条件を一つ作りましょう。その他に希望条件の優先順位を作り、時には希望条件の優先度の低いものを捨てて転職することが大事です。これが企業選びに失敗しない方法です。

転職が決まらない…

転職活動を行っていて転職先を早々と決める人もいますが、中には転職先の企業がなかなか決まらない人もいます。そのような人の特徴の一つには応募企業の絞り込みすぎが挙げられます。転職活動をする人にはやりたいことがあって転職する人がいますが、その分志望企業を絞りすぎてその企業しか受けない人もいます。いきなり面接を行って結果を出せる人はごく稀なので第一志望の企業以外にも持ちコマとして練習も兼ねて受けておくようにしましょう。