006

転職する時期をよく考えよう

2016年7月25日

転職活動には必ずベストタイミングの時期があります。このベストタイミングの時期を見誤り転職活動していても上手くはいきません。そこで今回は様々な角度から見た、転職活動が上手くいくように転職する時期の注意点について話していきたいと思います。

経済状況をよく見る

まず転職活動と経済状況が密接に関係しているということを頭においておきましょう。例を上げると2008年にアメリカで起きた金融危機・リーマンショックが起こった時、日本の多くの企業に影響を及ぼしました。有名大手企業の経営も悪化し、有名大手企業の子会社や下請け、孫請けなど今まで安定していた企業の多くが倒産し、そのことから多くの人が新しい仕事を探すことになり、求人の供給と転職者の需要が合わなくなってしまい求人が不足してしまったという非常事態が起こりました。このことからも転職活動と経済状況は密接に関係しているといえ、自分が転職する業界や世界全体の経済状況をくまなくチェックし、転職しても大丈夫か否かのタイミングを自分で見定めていく必要があります。

金銭面

自分が現在会社に所属しているならば、転職前に自分が会社から貰える金銭面のことについて考えましょう。ボーナスの時期や退職金が貰える年数、資格を取得するのもお金が掛かるので会社が負担してくれるか否かなど、くまなくチェックしましょう。これはあなたが会社で頑張ってきたことから発生したもので、貰えるものは絶対に貰ってから転職をしましょう。

4月、10月の入社に合わせる

多くの企業にとって4月、10月は人員が入ったり抜けたりする入れ替わりの時期になります。このことからこの4月、10月に照準を合わせ前もって転職活動をすると他の時期よりも求人が多く、転職先の選択肢も増えていきます。また4月、10月は企業側も新入社員を受け入れる体制が社員全体に広がっていて、新人研修や職場全体に新入社員が入ってきた事があらかじめ受け入れられていて、職場に早く馴染める流れが出来ている為、入社するタイミングとしては非常に良いといえます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職するのには必ずベストなタイミングが存在します。経済状況をくまなくチェックし、自分が転職したい業界の求人の供給があることや、自分が転職する前に会社から貰える金銭面のことについても調べておく必要があります。また転職には企業内の人の出入りによる流れも影響してくるので、出入りが激しくなる4月、10月の入社を狙いそれに合わせて転職活動していくと求人も他の時期よりも多く、選択肢の幅も広がります。